RSS | ATOM | SEARCH
水素deゴー!その4


マフラーから出て来るのは水だけなのだとか。
そのあと手についた水をお顔に塗ってみたんですけどね。

author:うづっこ, category:NEWS, 23:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
水素deゴー!その3


燃料電池バス到着。ちょっとかたむいて降りやすくしてくれるんですけどね。
このイベントが終わると廃車にされるんだとか。
かわいそうね。

author:うづっこ, category:NEWS, 23:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
水素deゴー!その2


燃料電池バス発進!乗り心地はなめらか〜。
すべりこみで試乗に間に合ったんですけどね。
甲府までレッカーでやってきたのだとか。

author:うづっこ, category:NEWS, 23:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
水素deゴー


スバルR2試乗中に富士屋ホテルで発見!
すぐそばに車停めたたら怒られたんですけどね。
国際燃料電池ワークショップ開催中なのだとか。

author:うづっこ, category:NEWS, 21:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
帰りたいが軍法会議心配 現地女性に元軍医語る
 フィリピンで終戦を迎え、埼玉県春日部市で戦友向けに会報発行を続ける近藤敏郎さん(83)によると、フィリピン女性が、日本軍の元軍医から受けた相談が日本兵2人の情報の発端だったことが27日、分かった。
 女性はモロ族と商売の取引があり、その関係者に「桜井」と名乗る元軍医の日本人がいた。元軍医は女性に「元日本兵の山川、中内が帰国したがっている。自分も帰国したいが、軍法会議が心配だ」と話した。
 女性はこの話を静岡県に住む知人の日本人に伝えた。その情報を入手した遺骨収集団のメンバーが昨年12月、フィリピンを訪れ女性と面談。近藤さんら戦友の話や当時の資料と照合。帰国を希望している2人が山川吉雄さん(87)と中内続喜さん(85)、元軍医は桜井令一さん(93)とみられるという。



newsソース


心配しないでと言いたい。
author:うづっこ, category:NEWS, 15:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark